2010-7-5 第2回 星が丘門にぎわいプロジェクト検討会

東山動植物園の再生プランの一環として、星が丘門周辺を活性化させるための第2回検討会が開催されました。
私も参加させていただきました。

検討会の様子

検討会の様子

東山動植物園再生プランでは年間350万人の来場者を計画していますが、動物園だけではなく植物園の活性化も目標数字を達成するために必要なことです。
星が丘門は地下鉄星が丘駅から降りて植物園にアクセスする一番の近道ですがPR不足ということもあり、皆さん地下鉄東山公園で降りる方が大多数のため、なかなか植物園まで足を運ばれるお客さんが少ないのが現状です。
そこで星が丘門を楽しく、活気あふれる植物園への入り口とすることで、植物園へ訪れる方々を増やすことが目的とされています。

現在、主な課題として星が丘駅から植物園までに回廊としての連続性がない、自動車学校のコンクリート壁をデザイン的に改修してはどうか、花の道を通って星が丘門へと続くイメージしてはどうかなどの課題があります。
皆さんが植物園に行きたくなるような楽しくわくわくする歩道として、例えば、花の植栽を行ない、星が丘テラスから連続性を持った歩道として整備することが検討されています。

今後も、地域の皆さんの生の意見を聞き、東山動植物園来場者増加につなげるため努めてまいります。

タイトルとURLをコピーしました