2011-02-11 manaca(マナカ)デビュー

平成23年2月11日、雪の降る中、アスナル金山でmanacaオープニングセレモニーが開催されました。

雪の中の開会式

雪の中の開会式

雪の中の開会式

雪の中の開会式

manacaには、誰でも使用できる無記名式manaca(大人用のみ)と、紛失しても再発行できる記名式manaca(大人用・子ども用・割引用)の二種類があります。
利用できる公共交通機関として、市バス・地下鉄・あおなみ線・名古屋ガイドウェイバス・名鉄・名鉄バス・豊橋鉄道があります。

改札機の所定の場所にカードをタッチするだけで簡単に通過することができます。改札機の中に入れないように注意が必要です。
簡単に入金(チャージ)ができ、しかも繰り返し使え、環境にも配慮されています。

また、マイレージポイントが導入されており、バスや電車に乗車するごとに、ご利用金額に応じてポイントがたまります。

平成24年春にはJR東海のTOICA(トイカ)と、25年春にはSUICA(スイカ)とも相互利用できるようになります。
さらに、全国で運用されている交通系ICカード全10種類での相互利用も、25年春の実現に向けて検討を始めています。

manacaの導入は、市バス・地下鉄といった公共交通機関の利用促進につながる起爆剤として期待されています。
平成21年度の統計では、市バス利用者は31万5000人、地下鉄利用者は115万人、合計で145万5000人でした。
manacaの導入により1%の約1万5000人増加を見込んでいます。皆さんにもぜひご利用いただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました