2011-03-19 堀川1000人調査隊2010 「第8回調査隊会議」

木曽川からの導水実験が終了した後も調査は続けられておりました。
今回の会議では、平成22年9月12日から12月17日までの期間における調査結果が報告されました。

調査報告

調査報告

その結果、導水停止後の堀川は、汚れの印象、透視度、COD、BOD、DO(溶存酸素量)など、多くの数値で導水実験中の状態から悪化に向かっていることが確認されました。

これからも引き続き定点観測活動を続けていくことが決定され、それと同時に名古屋市に対して「木曽川導水などによる良質な水源の確保をはじめとして、堀川浄化への取り組みを一層強化していただきたい」との要望が参加者一同の総意で決議されました。

名古屋の中心部を流れ、かつて桃や桜が咲き誇り、花見の名所でもあった堀川再生のため、取り組んでまいります。

タイトルとURLをコピーしました