2014-05-24 『なごやモデル』事業・開所式

地域と育む未来医療人『なごやモデル』事業の開所式に出席。

総務環境委員長として、市役所から外に出て行う初めての公務でした。

この事業は、文科省の支援により、鳴子を中心とする地域を未来医療のモデル地区とし、少子高齢化に伴う、保険、医療、福祉の様々な課題に、名古屋市立大学、名古屋工業大学、名古屋学院大学がそれぞれ大学の特徴を活かし、学生と共に地域のみなさんと交流しながら進めていきます。

今後ますます高齢化が進む中で、将来の超高齢化社会に対応できる人材の育成も行っていきます。

全国に先んじて行われた、この名古屋の取り組みが、モデルとして全国に発信できるような取り組になるように、われわれ公職者も関係するみなさんと共に取り組んでまいります。

タイトルとURLをコピーしました