2019-03-07 本会議質問

安心・安全なまち名古屋の実現について
~立ち直りを支える地域の力~

(1)保護司の活動のサポート
平成25年6月定例会において、保護司の活動拠点となる更生保護サポートセンター設置について本会議質問。
平成26年12月、名古屋市では初となる更生保護サポートセンターが緑区役所に設置されました。(現在、市内4か所)
国の計画では、来年度までに、全国886地区全ての保護地区で設置完了予定。
設置要望の出ている保護区保護司会、国・県・市など、しっかりと情報共有を図り連携し進めてまいります。

(2)再犯防止に向けた取り組み
保護司の手の届かない、いわゆる保護観察に付されない方が再び犯罪に至るケースがあります。
名古屋市においても、平成19年度41.2%→平成29年度51.0%と再犯者の割合が増加しています。
現在、再び犯罪をしない仕組みをつくるため、名古屋市再犯防止推進モデル事業が進められています。
このモデル事業は、比較的軽微な犯罪をした起訴猶予のうち、福祉的支援を必要とする高齢者・障害者・若者を対象としています。
関係局、地域で活動される皆様、商店街やスーパーマーケット事業者などとしっかりと連携し、多くの人に支えられるネットワークの構築が社会的孤立を防ぎ、被害者にしない・加害者にさせない取り組みにつなげていきます。
そして、今回の質問に対し、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
世界一安心・安全なまち名古屋を目指し、これからも取り組んでまいります。

詳しくは↓↓↓まで。
http://www.nagoya-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1406&fbclid=IwAR0CR0m7xf-8LvSR6NPeEQHO1wmBbPsTqBCp7_0_bjg3W4n8rwL_ey3cx10

タイトルとURLをコピーしました