2013-02-01 自転車レーン現場視察

2月~3月の2ヶ月間、4名の大学生が岩本事務所に第六期インターンとしてやってきました。

早速、インターン生とともに、千種区に整備された市道弦月若水線の自転車レーンを視察しました。

インターン生とともに

インターン生とともに

市道弦月若水線は多くの学校の通学路として利用されるとともに、周辺に多くの住宅街があることから、通勤通学の利用者が集中し、歩道上での通行者と歩行者の錯綜が地域課題となっていました。

そこで、歩行者の安全確保を目的として、自転車の走行を歩道から車道へと転換し、車道に自転車レーンの整備を行いました。

自転車専用レーン

自転車専用レーン

市内初となる自転車レーンの完成にあわせて、地域住民・学校・警察・市役所が連携した街頭キャンペーンを実施し、交通ルール・マナーの周知に努めるなど、ハードとソフトの両面から安全性向上の取り組みを行っています。

平成24年名古屋市において、自転車で死亡・負傷された方は4245名。
少しでも自転車での事故を減らすため、今回の自転車レーンの整備など、安心・安全で快適な自転車利用環境の整備に向け、今後も取り組んでまいります。

タイトルとURLをコピーしました